猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

「コンバンハ」

去る、7/12に、9mmのライブに行ってきた! 一年ぶりのワンマン! 一年半ぶりの磔磔! カオスvol.11 TシャツかNext Bullet Marks Tシャツか迷ったけど、磔磔なのを考慮してNBM Tシャツで行った*1。 今回のツアーはかなり特殊。 ギターの滝さんが負傷したため…

空ばっかり見ていた。

6月は、わりかし涼しくて、「今年はいい調子だ!京都」とか思っていたのに。 なんで急に暑くなるのかね。 京都のじめじめ感、嫌い。 は?東京も変わんねぇだろ! とか言われても、記憶補正かかって、京都の方がきつい……。 こうゆうときは、涼しい音楽を聴こ…

連峰は晴れているか。

6月は、4回日曜があるうちの3回は試験があって、1記事しか更新してない。 でも、ちゃっかり本は4冊読んじゃってるんだよね。わけわからん……。 直前になると急にやる気なくなる症で、大学受験の時も2月が本番だってんのに、勉強せずにネットサーフィンしたり…

オレンジの背景、鉄塔。

新幹線で、東京に帰る。 本を読むんだけれど、名古屋着くまでに寝てしまう。 起きたり寝たりしながら、だいたい新富士辺りでちゃんと目が覚める。 ぼーとしていると、熱海を過ぎて。 しばらくトンネルで、そこを抜けると小田原。 小田原過ぎると、山なんてほ…

飛んで火に入る夏の蟲。

線路。校庭。マンション。鳥居。プール。大通り。駐車場。幕末志士の生家跡。教室。窓を開ける。薄黒い雲が空を覆う。匂い。あの、雨が降る一刹那前の安らぎ。そして雨が降る。別の匂い。校庭が、灰の斑点を生み出し、そして自らを閉じ込める。「この、雨の…

螺旋。

***** ちょっと前に、「私を構成する9枚」てタグが流行っていた。 その名の通り、影響を受けたCDだかレコードだかを9枚紹介するってやつ。 一応考えてみたけど、ここでは紹介しない。 いや、何の話かっていうと。 私の9枚を考えていた時に、これ聴いて…

ニドアルコトハ、サンドアル。

性格て、なかなか変わらない。痛い目みても、でも、変わらない。あの痛みを忘れたわけじゃないんだけど。やっぱ、変わらない。逆に、考えてみる。変わるって何か。自己破壊。て、言うと、結構強い言葉だけど。変わりたかったら、徹底的に、今までの私を、滅…

#13 それってとっても……。

晴れた。 3日前まで雨予報だったのに。 毎年恒例の皐月嵐山会。 去年は、老後の話していたのに、今年はもっぱら就活の話。 1日楽しかった分、家に帰ってきてから無気力感が半端ない。 こうゆうのって、私だけなのかね。

waltzをおどれ。

3日前くらいに、タワレコオンラインで注文した「Waltz on Life Line」(9mm Parabellum Bullet)と「ヨアケマエ」(パスピエ)のCDが、今朝近くのセブンに届いて、夕方引き取りに行ってきた。 ミリさん! 3年ぶりのアルバム! 待ってました! 最近のバンドは…

言葉と言葉の距離。

*****ま、そんなもんだと思ってみるけど。負け、なんだって。そうかもね。

伝えたいことの10%

今週のお題「私がブログを書く理由」久しぶりに、お題を。 *****このブログを開設してから1年が経つ。もともと、カナダでの1ヶ月の生活の備忘録的ツールとして書き始めた。だから、別に、オピニオンなんて書く気も起きないし、常に世間を見てそれを書い…

顔も思い出せない。

もうだいぶ前の話。 3年ぶりに映画館に行って、岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』を観てきた。 ***** まず、なぜ3年ぶりに映画館で観た映画が『リップヴァンウィンクルの花嫁』だったのか。 公開前に某新聞社の夕刊にインタビュー?が載…

Desein

2月と3月の読書録。 ①仲正昌樹(2015)『ハイデガー入門 -「存在と時間」を読む』講談社現代新書 ハイデガーの主著『存在と時間』をかみ砕いて説明してくれているけど、私にはさっぱり。 分かったような、分からないような。 ②日野啓三・開高健(2015)『日…

愚痴。

ただの愚痴。人のことを「お前」て言う人の神経が計り知れない。上司とかなら兎も角さ。なんで友だち?に「お前」なんて言われなきゃならないのよ。名前があるだろ!名前が!「お前」なんて呼ばれるくらいなら、私は気に入っていないあのニックネームで呼ば…

Que sais-je?

最近、ストレス?で体の調子が悪い。 悩みの種がそこらへんに転がりすぎている。 すぐにそれらに足をとられる。 気づいた時には、深みに嵌っている。 悩まなくていい世界なんて、美しいんだと思う。 徹底的に消毒されている感じ。 潔癖。 *****

東へ、西へ。

*****東京と京都って、約450キロも離れてるんだね。往復900キロ。いつも新幹線に乗って、寝ちゃってるから、あんまり実感わかない。今日は満月。東京は、なんとか見えた。当たり前だけど、月は一つしかないわけで。900キロ離れてたって、日本にいれば、…

憧れのイングランド。

去年の秋くらいに紹介された『アイヴァンホー』の上下巻をやっと読み終えた。 ざっと3か月半。 上巻なんてすでにほとんど頭から抜け落ちてしまっているけど、なんとか書こうと思う。 武勇並びなき騎士アイヴァンホーとロウィーナ姫とのロマンスを中心に、獅…

スカイツリーで鯛を釣る。

今日、ちょっと用事で新宿に行っていた。 家を出るときは雨降っていたのに、用事終わって建物出たら、太陽が燦々と輝いていた。 憎たらしい……。 て言うのは、どうでもよくて。 繁華街て、店の入れ変わりが早い。 行こう行こうと思ってたら、いつの間にか店が…

清々しいほどの、青空の下で。

今年も、3/11がやってきた。 今年は5年前と同じ曜日。 つまり、3/11=金曜日。 この日のことは去年書いた。 pisces26.hatenablog.jp ***** 2015年もあと少しと言う12月。 父方の祖父が亡くなった。 いつも、午前中畑に出て、昼御飯を食べて昼寝して、午…

異常、あり。

3月になった。 本格的に就活が始まったっぽくて、昨日から大学内でも企業呼んで合説とかしてるみたい。 スーツ着た同回生がたくさんいる。 そんな人たちを横目に、私は図書館の代替教室に向かって行く。 ずっと思っていたんだけど、ほんとに、将来働くってこ…

冬の匂い。

最近、また寝付きが悪くなった。寝る前に本読んで(今は『雨月物語』を読んでいる。)、眠いなと思ったら電気消すんだけど。全然寝れない。嘘みたいに目が冴える。頭のなかでいろいろなことがぐるぐると巡り始め、(時計見ていないので正確にはわからないが…

イチ未満。

***** 耳にイヤホンを突っ込んで、私は大好きな邦ロックを、大音量で聴く。 それでも、隙間から入り込んでくる音たち。 普段は、むしろ聞きたいのに、今は憎らしい。 自分の心の狭さに辟易する。 いや、これだって、多分、想像していた通り。 こんなこ…

タイトルが思いつかない。

やっと、1月の読書録まとめる気になった。①ウォルター・スコット、菊池武一 訳 (1964)『アイヴァンホー(上)』岩波文庫②東浩紀 編(2015)『ゲンロン』1今月、テストとかレポートに追われてたから、ほとんど読めていない。『アイヴァンホー』は、下巻読ん…

右手と左手。

「運命」て信じる? なんだ、唐突にと思ったでしょ。 いつも、そんなもん。 で、信じる? 私は、私の話をすれば、もう6~7年そんなこと考えていなかった。 つまり、6~7年前に、考えてたことがあったということ。 当時付き合っていた人と、「運命は必然説」…

まともってなんだ。

2月ちょっと前から春休みに入った。基本的に大学籠って勉強してる。ふりをして10時間弱過ごしている。案外座っているのって、大変。腰が弱いんかな。うん、大変。あと、足が浮腫んで?くる。だから、ちょくちょく歩き回ったりしてる。ずっと前、10月あたりに…

#12 伊予松山

松山に行ってきた。 今のところ、春休み唯一の遊び。 『坊っちゃん』 『坂の上の雲』 ちゃんと読んで行けばよかった。 ちらっと、『坂の上の雲』1巻を読んでみたのだけど、冒頭からおもしろい。 まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。 いま、…

マスカレード

年々体が弱くなっている。 去年は憶えているだけでも3回風邪を引いた。 けど今年は、早くも1回目が到来。 火曜日の午後あたりから、のどが痛くなったと思ったら水曜の朝には、完全に風邪ひいた状態。 起き上がるのも嫌だったけど(これは毎日のこと。体調云…

雪玉を中空に投げる。

*****人も車も通らない道。一人帰路につく。ひんやりとした空気が顔に当たる。身体の芯から冷やしていく。夜空を見上げる。一瞬、深い暗闇に吸い込まれそうになる。オリオン座。いつ見上げても、これだけは、すぐに見つけられる。他の星座なんて、まっ…

1と15の呪縛。

最近、はまっているバンドのMV3つ。 真赤/My Hair is Bad My Hair is Bad - 真赤 (Official Music Video) 声がいい。 それでいて、この自分の内面を抉ったかのような歌詞。 好きです。 1106/WANIMA WANIMA-1106 (OFFICIAL VIDEO) 見た目とは裏腹に、ストレー…

モラトリアム?

レポート(とテスト勉強)に追われているけど、寝る前30分は、読書するようにしている。 文化的生活は、死守したいって言ったら高尚だけど、現実はただの逃避。 ぎりぎりまでやらない。 ほんと変わらない。 12月分の、読書録。 ①伊藤比呂美・福永武彦・町田…

初、

やっと!京都水族館に行ってきた! 京都住んだら行こう行こうと思って、3年以上が経ったけど、念願叶っての京都水族館。 祝日だからか、小さい子連れの家族が大半だった。 あとは、……ね。うん……。 入場したら、「京の川」ゾーン。 オオサンショウウオがいる…

2015の個人的CD

あと1時間足らずで年が変わる。 2015年の振り返りしようと思ったけど時間ないし、CDの話だけ。 対象は、購入した分だけ。 だから、レンタルした『娑婆ラバ』とか『≒』とか『ALXD』とか良かったのに、対象外。残念。 くるり 今年出た唯一のシングル。 『境界…

あほ年末! -『PARTY PARTY』から『高嶺の花子さん』まで-

友達が当ててくれたおかげで、ロック大忘年会RADIO CRAZYに行ってこれた! 去年は、年末関西にいたのになんでか行っていなくて、今年ようやく。 TOTALFAT 去年の9mmのカオスの対バンぶり。 初っ端『PARTY PARTY』で幕開け。 テンション一気に最高点突破する…

―してはいけない。

今更なんだけど、ゼミでの発表も終わったので、11月分の、読書録。 ①土岐健治(2015)『死海写本「最古の聖書」を読む』講談社学術文庫 カタカナコユウメイシ苦手人には、手に負えない。 するすると、頭から零れていく。 ②ジェイムス・ジョイス 著、丸谷才一…

うぉーくうぉーく。

今週の金曜日にゼミで発表するから、更新はその発表が終わったらにしようと思っていたんだけど! やらなきゃいけないことがあるときって逆に、違うことがしたくなる。 テスト前日とか無性に掃除がしたくなるとか。 それを我慢して、テスト終わって家帰ってき…

#11 秋、紫式部と清少納言

「この、紫式部に似た白いのって、なんていうの?」 「知らなーい」 「清少納言じゃない?」 もちろん清少納言ではなかった。 白式部て言うらしい。

ダブリンの夢。

1. アイルランド貧民の子が両親や国の重荷となるを防ぎ、公共の益となるためのささやかな提案(A Modest Proposal:For Preventing the Children of poor People in Ireland, from being a Burden to their Parents or Country;and for making them beneficia…

私と常磐線。

上野 隅田川を渡れば浅草・上野があった幼少期には、よく父親や祖父母が連れて行ってくれていた。 なぜか母親とは行った記憶があんまりないんだけど。 上野はほんとよく連れて行ってもらったと思う。 国立科学博物館。 ここがほんとに好きだった。 ことある…

「2015/11/22」

ついに、サークル引退。あっという間の2年半。一旦、別の記事書いていたけどなかなか長くなったので、簡単に。1回生の頃なんて、面白くなさすぎて「辞めてやる」とまで思ってたのに。いや、誤解無きよう言っておくと、吹奏楽は好きだし楽しいのだけど、メン…

連投。

お題「印象に残っている展覧会」 印象に残っている展覧会かぁ。 ここ一か月ちょっとで、 「ルーブル美術館展」 @京都市美術館 「大英博物館展」 @神戸市立博物館 「レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」 @京都文化博物館 に行ってきていて…

#10 五十鈴川

先日、一年ぶりに母親が京都に来てくれたので、前々から行きたいと言っていた(ような気がする)伊勢神宮へ。 伊勢神宮に行ったこと自体は気が向いたら、別で書くとして。 写真は、五十鈴川。 別名、御裳濯川。 内宮の御手洗場がある。 今回撮った中では、一…

水色。

10月の読書録。①大澤真幸(2015)『〈世界史〉の哲学 イスラーム篇』講談社一応、シリーズものらしく、すでに「古代篇」「中世篇」「東洋篇」が刊行済み。けれども、どこから読み始めても問題はなく、私も「イスラーム篇」から入った。いきなり「イスラーム…

白と……。

ジョイスの『ユリシーズⅠ』を読んでいる。丸谷才一、他訳。9月から読みはじめて、やっと9章真ん中辺り。分冊で、あと2冊あるとか恐ろしい。ちなみに、あんまり内容は理解していない。『オデュッセイア』をひいている?らしく、古典に疎い私にはなんのことや…

#9 鐘は鳴る

最近、仏教美術とか、西洋絵画を見る機会があった。 今まで、芸術に対しては壁を作っていたんだけど、ほんのちょっとの好奇心で行ってみたら、意外とよかった。 私が知らない世界が広がっていた。 狭い世界しか知らないのはもったいないと思う。 私もその、…

京都線に乗って。

後期が始まって1週間が経過した。今期は、1限を2つも入れてしまっているけど、どっちもちゃんと出席できた。出席とか当たり前じゃん、と思うかもしれないし、私もそんなこと思っていたんだけど、回生を重ねるごとにつらくなってくるんだよね。ちなみに、1回…

秋来ぬと……

いつの間にか、蝉の声が聞こえなくなった京都。 朝晩は涼しくなってきたし、秋がやって来たのだなと感じる。 宮津いった続き。 9/9に京都市内に帰ってきた。 八条口についたのが19時を少し回ったくらい。 23:30には出雲市行きの夜行バスが出るから、急いで帰…

#8 温泉津

石見銀山行った話を早く上げたいんだけど、記事がなかなか書けないから先に写真だけでもアップしておく。 島根の温泉津というところ。 「おんせんつ」じゃないよ。 「ゆのつ」だよ。 銀山から取り出した銀を輸出する港を抱えていて、それで栄えた。 また、名…

浜辺にて。

9/7~9まで、ボランティアワークキャンプに参加してた。たいそうな名前だけど(Aさんすみません!)、内容はワークショップとボランティア、地域のかたとの食事会、で肩肘張るようなものでなく、ゆるーくできるような印象。ここからさらに、興味あるボランテ…

秋の、安芸。

衣笠組。去年ごろから、遊び始めた人たち。2週間に3回も夜桜観に行ったり、嵐山大好きだったり?、でも、地味なとこ行くのがアイデンティティーだったり。サークルの練習終わりにはみんなで帰るのに、決して一緒に練習行こうとは言わなかったり。よくわから…

#7 海

海。遥かなる海。母なる海。静かな波。幾度も打ち寄せる波。海を見ていたら、「自分」という存在がちっぽけに感じられた。いま考えてることとか、悩みとか、希望とか、どうでもよく思えた。けれども、同時に、少し前向きになれた気もする。何にたいしても、…