読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

鳳仙花

 
 
中上健次/鳳仙花(日本文学全集23)
 
 
 
 
を読んだ。初めての中上健次
 
 
 
望まれぬ子として生を享けた美しき少女フサは、十五の春に運命の地へと旅立つ
 
という帯の紹介。
 
中上三部作――『岬』『枯木灘』『地の果て 至上の時』の前史に当たるよう。
 
この三部作はまだ読んでない。
 
 
 
 
この小説を読んでいてずっと思っていたのが、言葉が美しいということ。
 
紀州の海はきまって三月に入るときらきら輝き、それが一面に雪をふりまいたように見えた。
 
という一文から物語は始まる。
 
小説内で、フサには次々と不幸な出来事が降り注ぐが、それとは対照的に、合間合間に現れる自然描写の美しさが目を引く。
 
 
それに、逆境に立ち向かい生きていく、たくましいフサの生活が興味深かった。
 
こんな小説を読んだのは初めてかもしれない。
三日間かけて、空いた時間のほとんどを『鳳仙花』に費やした。
 
夢中で頁をめくったこの体験は、私の体の奥深くへ沈んでいき、そして無意識のうちに影響を及ぼすかもしれない。