読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

連投。

お題「印象に残っている展覧会」

 

印象に残っている展覧会かぁ。

 

ここ一か月ちょっとで、

 

ルーブル美術館展」 @京都市美術館

 

大英博物館展」 @神戸市立博物館

 

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」 @京都文化博物館

 

に行ってきていて、どれもよくて選びにくいけど、敢えて一つ選ぶなら、「大英博物館展」

 

さすが、世界の大英博。

 

普段なら、特別展でも1時間ちょっといたらだいぶ疲れるのに、この「大英博物館展」は2時間以上見ていたし、なんなら2周目回れるほどだった。

 

副題が、「100のモノが語る世界の歴史」なんだけど、最後に、各館ごとの「101品目」てのが展示してあるのがよかった。

 

ちなみに神戸市立博物館は、「石英」だった。確か。

 

石英って、あの石?

 

て思うかもしれないけど、記録メディアとしての石英は、BD並の記録密度で、3億年は保存できるすぐれものらしい。

 

下は、日立のニュースリリース

 

www.hitachi.co.jp

 

神戸市立博物館には、石英にあの教科書に載ってるザビエルの絵とか記録してあって、顕微鏡みたいなのでちゃんと見られるようになってた。

 

テクノロジー、最先端行き過ぎてて見た時は言葉が出なかった。

 

まぁ、その週の博物館メディア・情報論で、石英すごいよと聞いてたんだけど。

 

まさか、こんなにすぐに見られるとは思わなかった。

 

 

ということで、最近一番印象が残っている博物館は「大英博物館展」だなー。