読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

「2015/11/22」

note


ついに、サークル引退。

あっという間の2年半。

一旦、別の記事書いていたけどなかなか長くなったので、簡単に。





1回生の頃なんて、面白くなさすぎて「辞めてやる」とまで思ってたのに。

いや、誤解無きよう言っておくと、吹奏楽は好きだし楽しいのだけど、メンバーと遊ぶということに関しては全くなかったからだと思っている。

それに関しては、もう一個のサークルの方が大学生していた。気がする。

2回生になる前頃から、副会長が頑張ってくれたり、衣笠組できたりして、すごく楽しくなった。

副会長、感謝してます。

8月の合宿で初めて後輩と話して(!)、それ以降話しかけてくれるようになってくれたり、先輩たちも遊びに誘ってくれるようになって、その頃には既にこのサークルは私のなかでなくてはならないものになっていた。





結論、吹奏楽やっていてよかった、ということ。

その前に、この大学来てなかったらとか、いろいろ過程があるけど。

このサークルのメンバーに会えたことは、私にとってすごく影響を与えていると思う。

あと、あのとき、他のパートにシフトせずチューバ続けてよかったなと思う。

ひとまず、高1からの吹奏楽生活は一区切り。

社会人になったら、また楽団入ってチューバ吹こうと思う。