読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

私と常磐線。

 

上野

隅田川を渡れば浅草・上野があった幼少期には、よく父親や祖父母が連れて行ってくれていた。

 

なぜか母親とは行った記憶があんまりないんだけど。

 

上野はほんとよく連れて行ってもらったと思う。

 

国立科学博物館

 

ここがほんとに好きだった。

 

ことあるごとに、行きたがっていた。

 

美術館とか動物園とか博物館とかがあるのに、そっちには目もくれず、ひたすら科学博物館。

 

今あるのか知らないけど、里山っぽいゾーンとか、おおきな振り子時計とか、恐竜の骨格標本?とか。

 

ほんと楽しかったなーと。

 

あと、上野といえば、アメ横

 

お菓子とかすごく安いんだよね。

 

祖父母に連れていてもらってたなー。

 

久しぶりに上野を歩きたくなった。

 

 

 

 

 

牛久

次は、牛久。

 

大仏があるところ。

 

なんか、「青銅製立像」で世界一らしい。

 

なんで、上野の次が牛久かというと、法事でよく行っていたから。

 

以上。

 

とくに観光とかしたことないし、あんまり知らないのだけど。

 

そいえば、ワインの醸造場があった気が……。

 

いや、ほんと知らないや。

 

私的には法事でしか来ないからね。

 

 

 

 

 

 

水戸

次は、水戸。

 

ここは、私が初めてライブに行ったところ。

 

9mm Parabellum Bulletの『Movement Moment Tour』に行った。

 

この時、高2。

 

京都磔磔か水戸LIGHTHOUSEが日程的に行けそうで、なぜか私は京都行くチャンスを捨て水戸に行ってしまった。

 

もったいない気もするけど、初めてが磔磔だったら結構駄目だった気がする。

 

LIGHTHOUSEの2階でゆっくり、モッシュ気にせず観られたからよかったと思っている。

 

ちなみに、磔磔は去年の9mmで行ってきた。

 

箱、渋かった(笑)

 

磔磔の話はよくて。

 

この時わざわざ東京から水戸まで、快速電車で2時間くらいかけて行った。

 

車内で9mm聴きながら、段々高まって来てたのを覚えている。

 

あ!帰りは、ひたちとか言う特急でビュンと帰宅。

 

それでも最寄り着いたのが23時超えていた気がする。

 

初ライブ参戦という思い出の土地、水戸。

 

 

 

 

 

いわき

最後は、福島のいわき。

 

正確にはちょっと違うけれど。

 

一昨年くらいに、祖父母家兼従兄弟家に遊びに行った。

 

4年ぶりくらいであった。

 

その前が、3.11の直後。

 

周りの景観とかも随分と変化していた。

 

道路が広くなったりしていたけれど、そのわりには車の往来はまったくないし、なんか寂しさとかだけが大きくなっている気がした。

 

このとき、私は沿岸部に行こうと思って、父に車を出してもらった。

 

午前中は、一人でアクアマリンに行った。父は釣りへ。

 

このとき、海自の護衛艦あぶくまを見た気がするけど、wikiに2010年から呉所属ってなっているし、と思ってよくよく写真見たら海上保安庁のあぶくまだった。

 

ら・ら・ミュウで昼ご飯を食べて、車で沿岸部を北上。

 

とか、いわきの海で海水浴したこともあった。

 

引き波が強すぎて、あと少しで流されそうになったりとか……。

 

他にも、炭鉱館?のリアルすぎる等身大模型に泣いたり(当時小学校入るか入らないかくらい)と、いわきにはいろいろ思い出がある。

 

今年の年末年始は久しぶりに福島行こうと考えている。

 

みんな元気かな。楽しみ。

 

 

 

 

 

五十嵐泰正・開沼博 編(2015)『常磐線中心主義』河出書房新社