読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

飛んで火に入る夏の蟲。

fragments

線路。

校庭。

マンション。

鳥居。

プール。

大通り。

駐車場。

幕末志士の生家跡。



教室。

窓を開ける。

薄黒い雲が空を覆う。

匂い。

あの、雨が降る一刹那前の安らぎ。

そして雨が降る。

別の匂い。

校庭が、灰の斑点を生み出し、そして自らを閉じ込める。

「この、雨の匂い好きなんだ」

窓にもたれかかって、二人で外を眺める。

けれど、周りの目が気になって、すぐに教室を飛び出た。

向かうところなんてなくて、校舎を上へ行ったり下へ行ったり。

教室に帰ると、後ろを振り向いて睨んでくる。





誰もいない、薄暗い図書室。

少し、埃っぽい。

ここから見た、皆既日食

2009年7月22日。



電車が通る。

毎日毎日眺めている電車。

あれに乗ったら、こことは違う街へ行ける。

そう思うと、少しわくわくした。

線路の先を想像して。



蝉が鳴く。