読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も。

わかりあえない、なんて知ってるわ。

食べる。寝る。喋る。歩む。

memo.

 

 

 

*****

 

先週、保険の方が来て、お金は計画的に貯めましょう。的な話をしていた。

 

皆さん、将来の夢はありますか。

 

今の若者は、昔と異なり車を欲しがらないらしい。

 

わたしもそれほどほしいとは思わない。

 

けど、夢というほど大げさではないが、家を建てたいという想いがある。

 

あと、子供を育てたい。

 

結婚できるかは知りませんが。

 

 

 

先週の新聞に、保育所に落選した人が、23区と政令都市あわせて最低でも5万3000人入るという記事が出ていた。

 

去年頭くらいに、「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログが話題になったのは記憶に新しいと思う。

 

保育所が圧倒的に足りていないのは事実。

 

だからといって、単に増設すればいいというわけにもいかない。

 

2016年の出生数は100万人を下回った。

 

これは、統計開始以来初めてとのこと。

 

自治体は、増設しても少子化は目に見えているんだから……、て渋っている。

 

 

 

まぁ、他にも懸念はある。

 

「地域住民の反対」である。

 

子供の声が騒音だと言って、文句言う人がいるらしい。

 

私は気にならないけど。

 

とにもかくにも、いろいろと<不寛容な時代>になったと思う。

 

 

 

では、なんで「見守れない」のか、「許せない」のか。

 

そう考えると、今の世の中は「人間らしさ」が欠けているからだと思う。

 

巷にあふれる「ライフスタイル」には、この部分が切り捨てられている。

 

どれも「無理」をしている。

 

「効率」は大事だが、それだけを求めすぎると「人間の消滅」につながると思う。

 

人間の本質は「どうでもいいことに熱中すること」だと、誰かが言っていた。

 

「どうでもいいこと」て、いまこの世の中にはなかなかない気がする。

 

すべてに「存在理由」が問われていて、とても生きにくい。

 

「どうでもいいこと」は直接、保育所を増やすことにはつながらない。と思う。

 

けれども、「人間らしさ」は取り戻せる。確実にこの手の中に帰ってくる。

 

わたしはそれを取り戻し、人間らしい人生を謳歌したい。

 

 

 

170407

着実に精神が蝕まれている。

 

雨です。

 

朝、天気予報を確認したはずなのに傘を忘れた。

 

同僚二人に入れてもらいながら帰ってきた。

 

いい同僚たちをもったもんだ。

 

 

 

*****

 

おととい、吉野へ行ってきた。

 

「一生に一度は見たい吉野の桜」て、どっかで聞いた気がする。

 

うん。それで、ちょうど満開っぽいし暇だし、と思って。

 

天気は微妙だった。

 

暖かくはあった。

 

むしろ暑いくらい。

 

山だし寒いと思ってMA-1着て行ったら失敗。

 

f:id:pisces26:20170417200957j:plain

 

真ん中下あたりの屋根が金峯山寺

 

秘仏が観られた。

 

良き。

 

f:id:pisces26:20170417201140j:plain

 

これは、中千本かな。

 

とてもきれい。

 

行ってよかったなと思った。